ぐふふランド

グフフランドランドバナー

MENU

さや杏がお好き?結構。余裕のパワーだ。馬力が違う。頭壊れてんじゃねぇか?

今日は雑記の中の雑記だよ。

肩の力を抜いて頭からっぽにして夢詰め込んできいてね!

 

f:id:gufufu_land:20170222235349j:plain

 

 

 

僕とまどかとの出会い

皆はまどか☆マギカ(以下まどか)は知っているかな?

今調べてびっくりしたけど、2011年放送なんだって!

もう6年もたっているんだよ!マミったーなんてスラングが懐かしいね!

 

え?まどか知らない?適当にぐぐってきてー。

 

 

ぐぐった?

 

 


名探偵だぞえ 曉美ちゃん

 

 

僕は当時バリバリの社畜で、結構色々きていたんだけど、その僕の小さな癒しがまどかを見ることだったんだよね。

といっても時間が無かったからリアルタイムでは見れなかったし、よくあるまとめサイトで流れる情報を見ていただけなんだけどね。

 

楽しかったね。当時は。アニメ自体大学生になってからろくにみてなかったから、それから数えて数年ぶりだったから。

 

予想もできない展開と深い世界観。いやー面白かった。

 

でもね。そんな中でも1点だけ僕は気になったというか、違和感を感じた内容があったの。

一度気になっちゃうとずっと気にしちゃう僕だから、まどかの話題を見るたびにそれが頭によぎっちゃう。

 

なんの話かって?

 

 

 

 

さや杏なんてありえないって話だよオラァ!

 

 

 

さや杏だなんて絶対ありえない

ここから先は

独断・偏見

映画観てない

設定資料集もみてない

まどかをちょっとかじったレベルの僕の考えだ。

深く考えずにスルーするように聞いてくれ!

 

 

 

さや杏だよ?さや杏だよ?何考えてんのw

www☆www

 

さwやwかwちゃwんwねぇwさwやwかwちゃwんwおwちゃwぁ!w

 

 

まどかの面白いところは、魔法少女っていう非現実的なところと、日常パートの凄いリアルな人間関係があるからこそ、輝くんだよ。

華奢な中学生の女の子が異常な力で戦うとか。その対比があるから話が輝くのであって。

 

人間関係のところまで非日常もってきて、それまどかの魅力消すだけじゃん。

 

 

例えるなら神戸牛を使ったハンバーグ、

味噌ラーメンなのか味噌汁ラーメンかわからないもの

 

 

みたいな。よく価値がわからないものになっているじゃんかってことよ。

 

 

その辺さや杏とか言っている人たちわかっているの?www

 

 

ここで僕が!どれくらいさや杏(および杏さや)がありえないか解説しちゃうぞ!

 

 

 中学生の感情は、共同体感情。それを脱したら宿敵

まどかを見た人たちは中学校生活を送ったことがないのかな?

 

現実の中学生っていうのは、体が大きくなり始めるのと同時に、心も成長しようとする。

この時期を思春期っていうんだよね。

これは、今まで小さい時には親の保護下にあって、親の言うことを聞いていたら幸せだった時期から、自分とはなんだろう?っていう一人の自我が芽生え始めて、その答えを探そうともがく時期なんだよね。

 

だから親と仲が一時的に悪くなる。あれは仲が悪いというよりは自分探しを、アイデンティティを探しているときだからこそおきるもの。

 

だから小学校のときもそうだけど、中学校になるとさらに友達付き合いが深くなって、一時的に親より友達のほうが、心が通じ合っちゃう。

なぜなら相手も思春期、自分探しをしているときだから。考えや波長があっちゃうんだろうね。

 

こういうときは共同体感情ってが非常に強くなっている。

共同体感情ってのは、「友達のAがふられたんだって」「えぇ!?かわいそーに!」といって本当に相手と同じぐらいの気持ちになれることをいうんだけどね。

 

だから気持ちが通じているときはやばい。仲良し度MAX。

 

ただ共同体っていうぐらいだから、共同体じゃなくなったときがやばい。

 

自分探しをしているときだから、自分の考えと違う相手にあったときや、生理的に無理って人には宿敵のように相手を憎む。そう、親を毛嫌いしているかのような感覚で相手をみるんだよね。

 

なんでこんな話をするのかって?まどかたちは中学生の設定だったし、さやかちゃんなんてその典型の性格だったじゃないか。

 

まどか・さやか・わかめみたいな人たちは一緒に登校する仲。

ただまどかとわかめはさやかをはさんで知り合っているようなそぶりがあるから、本当に仲がいいかはわからないけど。

 

少なくともまどかとさやかは仲がよかったはずだ。

 

しかし物語の中盤、ストーリーにかかわる重要な内容が発覚してまどかとさやかの仲は壊れちゃう。

 

これ。これがさっきいった、親よりも深い友達関係だけど、ちょっとしたはずみで仲が簡単に壊れてしまう話の典型なのよね。

 

 

ここで忘れないでほしいのは、わざわざこんなストーリーとこんなシーンいれたってことは、この仲が壊れることと、登場人物たちは僕らと何も変わらない等身大のキャラクターとしてかかれているからこそ、この両方を描写したからこそ作品全体が輝くってことなの。なの。

 

 

なのに、だ!

 

 

さや杏派は!杏さや派は!

 

 

わけのわからんカップリングつくりやがってぇぇぇぇぇ!!!

 

 

そんな適当なカップリングつくったら世界観こわれちゃー↑うじゃねぇか!

 

 

あり得ない!絶対にあり得ない!ナッシング!オールナッシング!

 

 

 さや杏だよ?ストーリーパートみればわかるようにさやか全然ふりむいてなかったじゃん!

まさしく思春期モードのさやかちゃんが生理的に無理な杏子ちゃんに気を向くわけねーだろ!

大人になって落ち着いた二人が再開するとかならともかく!

あの段階でそうなるわけねーだろーがよー!

 

 

 

目を覚ますんださや杏派は!皆きゅうべいに騙されている!

 

なんのためにブレイクダンスしながら劇場版にでてきたかわかんねーよ!(映画はみてない)

 

 

 

 

アニメに現実を求めるのはそんなに異常なのか?

 僕がさや杏派を責めるのにはわけがある。

もしこれがその辺の日常系アニメとか萌え系アニメなら僕は何も言わなかっただろう。

ただ、どこまでいってもまどかは等身大の中学生な魔法少女を題材にした鬼畜ワールドなのだ。

それがいいのだ。なのにさや杏とか。

 

どこぞの人はせめてカップリングの世界は・・・なんていってたけどねーよ!

無いからこそ小さい幼女が杏子ちゃんに与えられたんだろーが!

まみさんここでもはぶられるぞ!

 

 

でも僕がもっと心を痛めたのは!

 

どこかでみただけではっきりはしないが!

 

 

キャラクターデザインのウメせんせー自体がさや杏派だったってことだ!

 

キャラクターデザインの人が自キャラのカップリングをかたるんじゃねーよ!

アニメの外で行われる軽いメタ発言じゃないか!

「この曲は・・・仮面ライダーブラックの歌!」

 

 

 現実をみよう!な!現実を!

 

普通にあの世界にありうるパターンは

まど×ほむ

まど×さや

ほむ×杏

ほむ×デミ

 

 これぐらいだろうが!

 

ってかまどかの〇〇の足元はさやかの〇〇があるところって設定資料集に書いてなかったか!?

だったらまど×さやが公式か限りなく公式だろうが!

 

アニメに現実を求めちゃいけないのか!

 

結論:やっぱりありえない

 あれから数年。続編に触れることさえできていない僕だがこのきもち(感情)は抑えることができない。

 

だからこれを読んだあなたはこれから、口にだしていおう。

その価値がわからないとしても。

さや杏はありえない。と。

 

さや×ほむは認めるよ、と。

 

おわりっ!