ぐふふランド

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グフフランドランドバナー

MENU

「マネーの虎」を採用したアップルオリジナル番組から探る番組事情

いやーびっくりしたんだな。今ネットをみてたらアップルオリジナル番組の情報がきたんだな。

でもマネーの虎って、それをチョイスかーって感じなのは僕だけ?

 

f:id:gufufu_land:20170215135713j:plain

2017.2.27 更新

 

ありといえばありだ

最初に言っておくけど僕は映像業界やらアップルの思惑はよくわからない。

ただ最初にみた感想を伝えたいなーと思ったのだ。時間あったしね。

 

予告映像をみたらわかるけど、ふたつのコーナーが紹介されたね。

一つはタイトルに入れた「マネーの虎」、もうひとつが「エスカレーターピッチ」だ。

 

ぱっと見た感じだとマネーの虎の中のいちコーナーがエスカレーターピッチだろうか?つまり映像の中にあったように短い時間で資金援助をアピールするエスカレーターピッチ」コーナーと、虎の前で立った状態でプレゼンする2つのコーナーがあるわけか。

 

単純にエスカレーターピッチで虎を納得されなかったらチャレンジ終了、なのか、とりあえず次の段階すすめるけどプレゼン時間は減少とか、色々な可能性はあると思ったよ。

 

日本と海外の事情は似ている?

f:id:gufufu_land:20170227003620j:plain

以前からアップルがオリジナル番組を作ると聞いてたからどんあものが出てくるかなーと思ってたけど、案外普通のものだった。いや普通でいいんだろうけど。

 

あの「アップル」がしかける番組だろうから相当インパクトのあるものじゃないか?と思っていた人は多いはず。そういう意味では拍子抜けしたんじゃないかな。

 

正直いって僕の最初の感想はそれだ。

 

アップルがマネーの虎を選んだのには、ベンチャーブームとかスタートアップの文字が連日踊る昨今のIT業界ならわりかしすんなり意義づけは理解できる。

 

新規企業を応援する大義にもなるし。あのアップル番組にでた~なんて拍がつけばスタートアップには心強いだろう。何のかんの新興企業にとって知名度と資金は必要だしね。

 

ただ最初に出てきた番組が「わくわく」や「興奮」を絵に描いたような番組で僕はちょっと拍子抜けだ。

 

たとえば今まで誰もスポットにあげてこなかったような、スタートアップの設立者の背景を探るだとか、畑違いの教育に切り込む話だとか、政治の話だとか。

それぐらいぶっとんだ番組がでてくると思っていたんだよね、僕。

 

この辺アップルもボランティアで番組を作るわけじゃないからなんでもは作れないんだろうけど、需要のあるものしか作れないんだろうけど。なんだかね。

 

日本では何かに挑戦する「鉄腕DASH」型ととにかく人の興奮をあおる「瞬間風速的熱狂」型の2つの番組が存在していると僕は思っているよ。

後者は所謂投稿動画って形でyoutubeの動画を連続して流すようなやつのことね。

 

色々最適化してきた結果日本ではこうなったんだろうけど、アップルがそのベンチャーっていう「鉄腕DASH」型と、時間内にアピールできるかどうか視聴者がハラハラしながら見守る「瞬間風速的熱狂」の両方を取り入れた番組を出してきたのが面白いね。

 

でもすごく楽しみになったよ、僕

それでも主張したい。久々にみたいと思える番組がでてきたってこと。

やっぱりアップルはこの辺が上手い。興味なかったのに俄然気になってきたよ。

皆も色々思っただろうけど、続編をまとう!

 

www.youtube.com

 

それにしてもなんかゲーム予告みたいな作りだなぁこの映像。